currant note

currant.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

水族館でワンコ

箱根の水族館へ。
c0204589_8212660.jpg

でもお目当てはこっち。
c0204589_8224696.jpg

娘が大好きな動物ふれあいコーナーみたいなの。

ポニーやアルパカ、定番のひよこ&モルモット、カピバラなんかもいました。
大好きなんだけど臆病な娘は ほとんどさわれず。
仕方ないので私がちょっとさわってあげると ようやく…という具合。

それでも去年まではうさぎしかなでることができなかったのに
この夏からやっと 実家で飼っているワンコにさわれるようになり
そうしたら犬がかわいくて仕方がないらしい。

ここのワンコ達は人に慣れていて 座ったとたんにそれぞれの膝に乗ってきて
お昼寝し始めちゃいました。
最初ちょっときちゃないなぁ…なんて思っていたんだけど(!)
こうなっちゃうともう しょうがないよねって気分。

初めて犬を抱っこした娘は あったかい、かわいい~と夢中。
以来 わんちゃん飼いたい攻撃を受けております。笑
私も子供のころから犬を飼っていたのでかわいさはよーくわかります。
うんうん かわいいよねー。でもねー。かわいいだけでは飼えない かなぁ。
今の私には犬を飼おうというその気持ちの余裕がないんだな。
ごめんね。いつか…飼えるかなぁ。
[PR]
by currant-currant | 2011-10-17 08:40 | おでかけ

Alley38号という名のバッグを作りながら考えたこと

BLUE MOONさんのAlley38号という名前のバッグを
リバティのキルティングで作りました。
c0204589_20555948.jpg

c0204589_21373029.jpg


このパターンは本来ナイロンなどの生地で作るエコバッグとしての仕様で
ポケットの中に収納するとポーチになるものです。
当然薄い生地で作ることが大前提で ポーチにきれいに収めるべく
工夫されたパターンのはず。

ギャザーやタックも 計算されて作られたはず なので
こんな大幅なアレンジは申し訳ないと思いつつも
このバッグを見たときに 「エコバッグなんてもったいない!!」と思いました。
ギャザーも形もとってもかわいくて。
主役のバッグにしたいと思ったので無謀かな…とも思いましたが
キルティングで作ってみました。

案の定 ボリュームの出方が変わり シルエットは別物なほどぽってり。
でも主役級のバッグになりました♪

キルティングでバッグを作ると 裏をつけなくてもしっかりするし 
内袋を作らなくてすむので好きなのです。
私がいつも買っているC&Sさんのキルティングは裏地も綺麗なので
内袋を作って隠してしまうのがもったいということもありますが。

布1枚でバッグを作るということは必然的に縫いしろが見えてしまいますので
バイヤステープで包んで処理しています。
私この作業が嫌ではないんです。
きれいに隠れるし強度も出るし しっかり包めるとすっきり。
だからパイピングはよくやります。

パターンを見て 布を見て 自分の技術と持っているミシンの性能と
そして自分の好きな工程と苦手な工程を考えつつ バッグとしての強度も考慮し
どうしたらきれいに楽に(自分的にね)作ることができるかをすごく考えます。
なるべく裏側は見せたくないし縫いしろも隠したい。
だけど苦手な工程は避けたいし 楽に作りたい。
ずっと自分と対話をしながら作っているんですよね。

そして同じようにパターンを作られたyunさんにも 想いがあるのだろうなぁと
作っている間中感じていました。
私が大好きで何度も作っているkororin ワンハンドルも
yunさんのパターンのアレンジから生まれたものです。
自分とそしてパターンと対話をしながらミシンを踏む時間は とてもいい時間でした。
yunさん、素敵なパターンをありがとうございました。
[PR]
by currant-currant | 2011-10-15 21:39 | hand made

白い花達

クジャクソウが咲きました。
去年もおととしも 葉を茂らせるばかりで残念だったけれど
やっと花が見られました。
咲いたのは少しだけど すごく嬉しい。
クジャクソウは 咲きたての白さが大好き。
切り捨ててしまわなくてよかったなぁ。
c0204589_901755.jpg

こちらは 何もかまってあげていないけれど
いつもひっそり咲いている子。
名前も忘れてしまったけれど いつもありがとう。
c0204589_962933.jpg

[PR]
by currant-currant | 2011-10-14 08:59 | green

イベントのご案内

まちのないシンプルなサブバッグを作りました。
表地はこげ茶色の薄いキルティング。
裏はリバティのMeadow。
c0204589_13444031.jpg

c0204589_1345091.jpg

大きくてぽってりした形のものが作りたくて
BLUE MOONさんのパターンの内袋(!)をアレンジしました。
(少しだけ小さくしました)
さっそく仕事に持っていく予定♪


そして久しぶりのお知らせです。

++++ イベントのご案内 ++++ 

  marusei冬市' に参加させていただきます。


 日時 : 11月12日(土)・13日(日)  
 場所 : maruseiさん ショールーム (清水区興津)
     

今回はなんと記念すべき10回目だそうです。
いつもの年より早い11月開催ですよ。

何を作ろうか…布山を眺めながら只今構想中です。笑
[PR]
by currant-currant | 2011-10-13 05:28 | event

洋服を処分する

10月に入りました。
涼しくなって いろいろとやりたいことが盛りだくさんな今日この頃。
まだお掃除熱は冷めていないので クローゼットの見直しをしてみました。

着れないことはないんだけど 着ていない洋服達を見直します。
着ない服には理由がある。
太って見える 着心地が悪い 他の服と合わせにくい などなど。
理由はどうあれ 結局着ないのです。
着ないのに しまってある。
これはもう処分の対象ですね。
仕分けていきます。

新しくても 着ないものは処分。
リサイクルか お掃除用ウエスにするか 廃棄。
だいぶさくさくと仕分けられるようになりました。

が、やっかいなのが自分で作った洋服達。
それぞれに思い入れがあり 苦労した分処分しずらいのですよ。
初期(着たくて作ったのではなく 作ったものを着られることが単純に嬉しかった頃)
の洋服達はさすがにもう処分しましたが
パターンが気に入っていて 以前はよく着ていたものは まだまだたくさん。

たとえばこれ。
c0204589_23301580.jpg

随分前のC&Sのパターンです。
表がラッチパイル 裏はポリエステルのキルティング。
パターンは裏地なしだったのに 勝手に裏地をつけたんだっけ。
マリンなボタンを探してつけて。
自分で上着を作れるなんて嬉しくて よく着ていたけれど
太って見えるので(!) ここのところ全然着ていない。
ボタンだけ切り取って 処分することにします。
今までありがとう。これを作れたことはとてもいい練習になりました。

こんなのも。へちま襟のジャケット。
c0204589_2341751.jpg

ニットのキルティングで作ったので とても着心地がよいのだけれど
薄い色なので太って見えて もう何年も着ていない。
って、太ったってことなのね、結局。
でもこれ着心地がいいのですよ。すっごく。
どうしようかなぁ 着ていないけど 保留(笑)。

こんなペースでも見回していたら クローゼットは少し隙間が増えました。
見回し何旬目かにはこれも処分することになるのかも。
ものが少ないと 管理が簡単。お掃除も簡単。
家の中の不要なものは 減らしていきたいものですね。
[PR]
by currant-currant | 2011-10-06 23:59 | 掃除と片づけ

ごてんば アートクラフトフェア

キャンプ場から 車で10分の公園へ。
ごてんば アートクラフトフェアが開催されていました。
初めて行ったけど楽しかった!
いろいろなお店やワークショップに 目が釘付け。

りんごがおいしかった ドライフルーツ屋さん。
c0204589_21272371.jpg

ガラス作家の タナカユミさんのブース。
かわいいお家の形のガラスの前から 動けなくなりました。
c0204589_21161885.jpg

娘が夢中になった 埼玉のBuchen(ブーヘン)さん。  
c0204589_2118336.jpg

こちらのワークショップに参加して 木のペンダントを作りました。
黙々と手を動かして 納得いくまでひたすらサンドペーパーをかけていた娘。
その間私はひとりで会場をぶらぶらしたり タロット占いしてもらったり(笑)。

で完成したのがこちら。
c0204589_21245496.jpg

本人大満足の仕上がりだったようです。

いろんな種類の作り手さんがいて とても興味深かったです。
娘にもいろいろな楽しみを知ってほしいなぁ。
c0204589_2130995.jpg

[PR]
by currant-currant | 2011-10-05 21:33 | おでかけ

キャンプの記録

9月に行ったキャンプの記録を。

1日目は雨でした。
森にさあああああと 静かに1日中降り続けました。
c0204589_20255317.jpg

雨とわかっていたので テントはこれに。リビシェル+インナーテント。
区画があるけれど余裕の広さが嬉しい。
c0204589_20272125.jpg

2日目にはお天気が回復。やったー。
朝ごはんは定番 ホットサンド。
私達の朝ごはんタイムには 小鳥達も朝ごはんを食べにやってきていました。
森の奥からやってきて テントサイト脇の木の実を食べてはまた森の奥に。
c0204589_20431868.jpg

c0204589_20342437.jpg

寝るスペースはこんな感じ。
御殿場のキャンプ場は オーナーさんが元芝農家という方が多く
芝の手入れはばっちりで ふかふかの芝の上は寝心地がよいです。
今回は特にフラットで ストレスなく眠れました。
(寝るときにうっかり頭の方が低くなっていたりすると 朝起きてからが大変なんですよ)
だけど芝の注意事項が妙に多くておもしろい。
芝が大事なのですね。笑
c0204589_20285377.jpg

夜の焚火。
娘も遅くまで起きていられるようになり(笑) のんびり。
今回は太すぎて燃やせなかった いつかの薪の残りを持ってきていました。
そして鉈(なた)も。
昔話のおじいさんのように 夫が薪を細く割りました。
ぱちぱち火の粉がはねたりせずに 静かに長い時間燃える感動的にいい薪(!?)で
すごくいい焚火タイムでした。
c0204589_20315164.jpg

夜は近くの温泉まで歩いて出かけました。
大きなお風呂にゆっくりつかって 最高!

森の木々の間から月が見えていました。
c0204589_2032830.jpg

[PR]
by currant-currant | 2011-10-05 20:25 | outdoor