currant note

currant.exblog.jp
ブログトップ

閃輝暗点

久しぶりに 閃輝暗点(せんきあんてん)。
数年前から時々起きる症状です。

まず ものが見えにくくなり あれ?と思っていると 視野の中に 強い光の残像のような
ぎらぎらしたものが現れ 視界の一部がゆらゆら動き出して、見えづらくなる。
それがだんだん拡大していき また次第に収まって行きます。
私の場合は いつも20分くらいの出来事。
目を開けていても閉じていても起きるので 最初はびっくりしてしまいました。
初めてなった時には 視野の半分以上が見えずらくなってしまったので そりゃあもう怖かった。涙
普通はこの症状の後に頭が割れてしまいそうな激しい偏頭痛が3~4時間続くらしく
片頭痛の前に起きる前兆現象らしいけれど 私は視覚障害だけで収まります。
(片頭痛の出る人は閃輝暗点が出たら薬を飲むと症状が抑えられるそう)
脳外科に行ったけれど 異常はなく 時々片頭痛の起こらない人もいます とのこと。
またなったとしても 同じような症状ならば診察の必要はないですよとも。

私はほとんど 夕方仕事から帰って 食事の支度をしているときに起こります。
まな板の上で切っているものが見えずらくて 違和感を感じるのが始まり。
脳の血流の変化が関係しているらしいけど 特に思い当たることもなく。
始まったら時計を見ながら静かに過ごしています。
今回も20分ほどで収まりました。
病気じゃないけれど ちょっとびっくりする症状です。
いろんなことがあるものですね。
c0204589_23114988.jpg

[PR]
by currant-currant | 2012-06-16 22:39 | いろいろ