currant note

currant.exblog.jp
ブログトップ

バレーをやめた日に考えたこと

練習にちっとも行けないのに 時々試合に誘ってもらっているチームをやめてきた。
今の私には 以前のようにきちんと練習して試合につなげるのはやはり難しい。
コンディションも 気持ちの上でも。

飲み会も楽しかったし いろいろな人がいておもしろいチームだったな。

ずるずるといさせてもらったけれど 練習をしないで試合に出るのは
やはりストレスだったし 練習していなくても負けたら悔しいし。
来年度の話が始まる前にと やっと自分で踏ん切りをつけたというわけ。

最後と決めて練習に出かけた。
久しぶりなので ある人はやめてしまっていて ある人は休部から復帰していた。
そして新しいコーチが来ていた。若い。笑
ストレッチをして少し体を動かして コートに入れてもらう。
最後と思うと何となく力が入り いきなりつき指。苦笑

大きな声を出して 床にスライディングしたら
つけていた手袋の滑り止めのせいできゅきゅっと止まってしまった。
おぉそうだった。
最近はテニスの時に ラケットを持つ手にだけしていたこの手袋。
当然グリップを握る掌側に滑り止めの部分が当たるようにしているので
バレーの時には反対にしなくてはならなかったのだ。
あわてて反対につけ直す。

そこからずっと テニスとバレーのボールの入り方の違いを感じながらの練習だった。

床すれすれまで滑りこんでボールに入れるバレー 
ワンバンしたボールを どこで叩くかタイミングを見るテニス
100%の力で入り込んでも 他の8人の誰かがフォローしてくれるバレー
100%の力で入り込んだら 次のボールは絶対取れないテニス
サイドに振られたら 駆け抜けながら体の向きを変えつつ最後はボールの方に向き直るバレー
サイドに振られたら ステップを止めてザザーッと靴を滑らせてラケットに当てていくテニス

私の体の使い方は バレーでの動きが染みついているのだなぁと感じる。
そしてその体の使い方が一番気持ちいいなぁということも。
大声を出して床を転げまわるのは やっぱり最高に気持ち良かった。

まだやれるのにもったいないね…と言われたけれど
翌日は休暇を取っていた私。
取って正解!!だったのは言うまでもありません。笑

またいつか どこかの体育館で会おうねーと別れて来たけれど
冷静に考えてみたら
これからまた…やれるなんてこと…もうないのかも。
そう思ったら急に寂しくてたまらなくなっちゃった。涙
c0204589_15482383.jpg

[PR]
by currant-currant | 2012-03-03 16:31 | sports